エンターテインメント産業のDX化を推進するOENと、 CyberZがNFT事業へ参入

エンターテインメント業界におけるNFTの価値創出への取り組み開始


 株式会社OEN(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長 藤井琢倫、以下OEN)と、株式会社CyberZ(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:山内隆裕、以下 CyberZ)はこの度、エンターテインメント領域におけるNFT活用の促進と新しい体験の創出を目指し、NFT事業に参入することをお知らせいたします。

【両社がNFT事業参入に至った経緯】

 OENはエンターテインメント産業のDX化を推進し、新たな収益機会の創出を応援してまいりました。主に「ABEMA PPV ONLINE LIVE」ならではのオンラインライブやファンミーティングの開催支援を行ってきて、2020年には開始半年間で総動員数250万人に至りました。

 NFTにより、価値を付与しにくいとされてきたデジタルデータに技術的に唯一無二の資産性を付与することが可能となり、2次流通で売買された際に1次創作者に継続的にマージンが入る仕組みが整うことで、エンターテインメント産業の新たなビジネスマーケットと捉え、事業参入に至りました。


 また、CyberZはエンターテインメント領域の事業者様との複数の事業展開を通じて、業界活性とビジネス創出に努めてきました。

 NFTはブロックチェーン技術をコンテンツやデジタルアイテムなどに応用するものとなり、近年注目されています。CyberZがNFT事業に取り組むことで、これまでエンターテイメント領域で様々な事業に取り組んできたノウハウを活かして、新たな可能性と価値を創出し、業界の盛り上がりに繋げることができると考え、事業参入に至りました。


【取り組み内容】

 OENでは、PPVで配信を行ってまいりました音楽アーティスト、声優、格闘技をはじめとしたスポーツを中心としたエンターテインメント産業を対象とし、NFTを活用したデジタルデータのプロデュースや販売を行ってまいります。


 またCyberZでは、エンターテイメント領域におけるサービス運営・マーケティング・デジタルアイテム販売などの知見を活かし、NFT活用促進に向けた新しい体験の創出を行って参ります。アニメ・ゲーム・アーティストなどエンターテインメント分野の事業者様のNFT活用の支援も、合わせて実施いたします。


■CyberZについて

代表取締役社長:山内 隆裕(https://twitter.com/brother0820

スマートフォンに特化した広告マーケティング会社として2009年に設立しました。スマートフォン広告における運用・効果検証、交通広告やウェブCMの制作など、幅広いマーケティング事業を展開。日本に加えて、サンフランシスコ、韓国、台湾にも支社を構え、国内広告主の海外進出および海外広告主の日本展開支援も行っております。また、メディア事業としてライブ配信プラットフォーム「OPENREC.tv」、eスポーツ事業として、国内最大級のeスポーツイベント「RAGE」を運営しております。CyberZ100%子会社としては、フィギュア販売やオンラインくじなどのオンラインエンタテインメント事業をおこなう「株式会社eStream」、eスポーツに特化した広告マーケティング事業「株式会社CyberE」の事業展開をしております。


■ 会社概要

社名   株式会社CyberZ

東京本社 東京都渋谷区渋谷2丁目24番12号 渋谷スクランブルスクエア 23階

代表者  代表取締役社長 山内隆裕

事業内容 スマートフォン広告事業、スマートフォンメディア事業、eスポーツ事業

URL   http://cyber-z.co.jp/


■会社概要

社名   株式会社OEN (読み:オーイーエヌ)

所在地  東京都渋谷区宇田川町40番1号 Abema Towers 5階

設立   2020年4月27日

資本金  100百万円

代表者  代表取締役社長 藤井琢倫

取締役  山内隆裕

事業内容 事業内容 エンターテインメント産業におけるデジタル収益化支援


■ 本リリースに関するお問い合わせ

株式会社CyberZ  広報担当:城戸

E-mail: press@cyber-z.co.jp